再び、「アネックス(ANEX) なめたネジはずし」を使ってみました。

今度はうまくいきませんでした。普通の使い方でうまくいかなかったし、前回紹介した「横に穴を掘る」というやり方も、うまくいきませんでした。

なぜ、横に穴を掘ってもうまくいかなかったかというと、「余白」の多いネジだったからです!(※専門用語ではありません)

穴を掘り始める時は、ANEX君はずれやすい。(※正式名称ではありません)なので、マイナスドライバーなどで、固定する。「余白」の多いネジだと、穴が中心部のくぼみから離れたところにできてしまうリスクがあります。そうすると、マイナスドライバーがはまらない。(ここで諦めず中心部の穴と新たに掘った穴の間に穴を掘ることもできそうですけど、もう筋肉痛になりそうです)

今度は、プライヤでネジが取れました!(アホ、それ最初にやるよ、普通)

最初も、プライヤで試しましたよ。だけど、ネジの端はすべすべで、つかめなかったんだよ。

色々試した後、ネジの頭部がなんかギザギザになってきていた。すべすべじゃなくなったネジ、プライヤで回せるようになって、3時間の戦いが急に終わった。

色々試したというのは?下記の通りでございます。

  1. 色々なドライバー
  2. プライヤ
  3. ANEX君
  4. ネジすべり止め剤(ANEX君で作った穴はできが悪かったから)
  5. 半田でドライバーをネジに付ける(私は成功しなかったが、ユーチューブで見る限り、成功する人はそこそこいるみたい)
  6. アロンアルファ
  7. ネジがボロボロになっていたので、再びプライヤで

半田ごてを使うことによって、ネジは非常に熱くなり、もしかしたら、取れやすくなるのかな?

今度ねじがなめそうになったら、すぐにネジすべり止め剤を使おうと思います。また、それでも取れなかった場合に備えて、ロータリーツールを買おうと思います!!

なめたプラスネジ。ネジの「傘」(※正式名称ではありません)が広い。ANEX君で掘った穴はかろうじて見えます。もともと、きれいなネジだったが、色々試したらこんなにぎざぎざになって、プライヤで回せるようになりました。

材料費220円でMSX用のゲームパッドをゲット?(自作)

ハードオフよ、いつまでもそのままでいてね〜

MSX用のゲームパッドがほしい。

ヤフオクよ、…あれ、めっちゃ高いじゃないか。

早速、ハードオフのジャンクコーナーへ、DE9コネクタの付いているゲームパッドを探しに行った。

あった!

ネオファミって何?ファミコンの互換機じゃないかな?

コントローラは、DE9コネクタ付き。ボタンが必要以上にある。だいぶ前からそこにあったような気がする。(このハードオフ、週1回くらい行っているかな。)ネオファミ本体と2つのコントローラもある。なんかバラ売りみたいだ。

DE9コネクタの穴の中を覗いてみると、金属が入っていない穴も多数あるような気がする。あんま、よろしくない。ケーブル使えない可能性がある。家に半分解体済みのRS232ケーブルがあるので、最悪の場合それを使う。このケーブルも、半年前にハードオフで110円で買っていた!

それでは買ってみよう。110円だし。RS232ケーブルと合わせて、220円。おそらく、どこのハードオフでも、RS232ケーブルはあるんじゃないかな?コントローラーも、正直言って、何でも良い。うまく改造すれば、プレイステーション用のコントローラーなんても使えるのではと思う。110円で何かしら使えるものゲットできると思いますよー

こんなやつです。加工後です…加工前の写真を撮るの忘れた。

ネジを外してみると、やはりケーブルの中は5本のワイヤーしか通っていない。MSX用には使えない。ネオファミとゲームパッド間の通信はおそらくシリアル。確か、スーパーファミコンもそうだった気がします。

基盤に、黒い樹脂の塊が2つある。COB式のICであろう。LEDもある。既存の端子は使わないので、多分、あまり気にしなくても大丈夫だと思う。最悪の場合(つまり、正しくつないでも信号が正常でない場合、つまり、シリアル信号などがMSXへつなぐところに乗ったりする場合)、ドリルなどでチップを壊してしまおう。

MSX用に配線しなおすための下準備

MSXのジョイスティックの配線はとても簡単。

https://www.msx.org/wiki/General_Purpose_port

英語ですが、このページを見れば大体のことがわかる。あれだったら、絵だけでもなんとかなるかと思います… https://www.msx.org/wiki/File:MSX_Joystick_Schematic_Circuit.png これとか。

ただ一つ注意しないといけないのは、一番ピンの位置を間違えないことだ。ジョイスティックから見た場合とMSX本体から見た場合と、ピンの位置が変わるからね。GNDを探すと良いかと思います。MSX本体のRF端子やヘッドフォン端子の外側の金属の部分もGNDなので、ジョイスティックポートのGNDと思われるピンとRF端子などのGNDをテスターの導通モードで特定することができます。

もう一つ注意しないといけないのは、RS232コネクタとMSXジョイスティックコネクタの微妙な違いだ。なんか、RS232コネクタの外側は金属で、GNDだ。MSXジョイスティックの外側はプラスチック。RS232ケーブルはそのままでも挿せるかもしれないし、ちょっと曲げたり削らないと挿せない可能性もある。家で真似する子は今すぐ確認しとおいた方がいいぞ!

私のは、金属の部分はほぼ問題なかったが、まぁ、ちょっとは曲げる必要はあったかな。あと、RS232はコネクタの横にネジがあるのだが、MSX本体にネジ受けがないので、ネジを精一杯回して取り出した。

また、MSXの機種次第だとは思いますがRS232のコネクタが大きいとMSX本体とぶつかる箇所、他にもあるかもしれない。

結局RS232コネクタをまぁまぁ加工する羽目になっちまったぜ。

見栄えはよくないので今度ヤスリで更に加工してみる?

MSX用に配線しなおす

テスターの導通モードでどのワイヤーがどのピンにつながっているか確認する。紙に書いておく。ちなみに5VとGNDはMSXのジョイスティックは使わないのでショートしないようにさえ気をつければOK。

次は、ゲームパッドの基盤を加工する。

ゲームコントローラのほとんどは、導電性のゴムを基盤に押し込むことで2つの金属のパッドをつないで、電気の導通を可能とする原理だ。また、ほとんどの場合(かな?)、金属の2つのパッドうち1つが他のパッドとつながっているかと思いますー。電気的に共通です。GNDにしているコントローラーもあるかもしれないが、ネオファミのはそうではない。純正のMSXコントローラーもそうでないと思います…

MSXでは、ジョイスティックポートの8番ピンをその共通パッドにつなぐ。基盤の都合の良い箇所にはんだ付けする、ということです。他のも都合の良いようにはんだ付けしましょう。緑色のレイヤーを少し削って金属を出す必要があるかもしれない。(左下のはそうだったと思います。)ワイヤーをはんだ付けする前に、パッドに少量の半田を付けると少しは楽になります。

そう言えばガラポンやってるとこ、見たことないなぁ。もう少し早起きして買い物した方がいいですかね?
ワイヤーが、4方向ボタンの上を通っちゃっています…

都合の良い箇所は、よく考えて選んだ方がいいと思います。私ははんだ付けの都合だけ考えて配線しちゃって、分解したゲームパッドの蓋を閉じてネジを締める時のこと、もう少し考えればよかったなぁと思っています!蓋は閉じにくかった。4方向ボタンの上、左、下のパッドはRS232ケーブルが入ってくるところからやや遠くて、ぎりぎり繋げたが、ワイヤーが4方向ボタンの上を通っているので、内部のプラスチックなどに小さな切り込みを入れるしかなかった。のりとかテープも少し使った。ワイヤー、延長すればよかったかな。まぁ今度、ちょっとだけやり直すかもしれないぜ。

切り込み。コーラ安いかな?

その後、やはりワイヤーが切れちゃったのでちょっと配線し直しました。

ネジの穴のと同じ高さになった!
以前は無視していたが、のりは脆かったので簡単に取り除けた

動く?

「Malaika」っていう2006年のゲーム。結構イケてるゲームだと思います!15秒くらいで崖から落ちると思っていたがこういう時に限ってうまく行き過ぎてしまうんだよね。オチのない動画になってしまいました。

アホながら、なんとなく、ゲームをやっていくうち、コツを掴むことができて、見事クリアできました!

正直、結構楽しかった!

黒樹脂の塊はチップですが、取り除かなくても大丈夫?

何のチップかは誰にもわからないので、取り除かないで、とりあえずそのままにして問題にならないか、見てみても良いかと思います。もともとケーブルがつながっていたピンは全部切ったので、チップへの電源供給はないが、チップの入力ピンに電圧があるので、チップが動き出す可能性はなくはない。ただ、出力ピンも切ってあるので、ジョイスティックの仕組みを考えると、入力ピンに信号が出る確率は低いかな、と思います。

ちなみに、「Slow」というボタンを押すとゲームパッド内蔵のLEDが点滅しますが動作にも影響がないです。

コネクタの金属の部分(耳?)が邪魔で Sony のヒットビットにさせなかったので更に加工してみた件

プライヤでコネクタの耳を掴んで何回か上下に曲げると取れることがわかった。Sony のヒットビットにも挿せるようになった!

取れたての時は、中の黒いコネクタも外へ行きたがるが、押し込むとそこそこ安定ですよ。
そして、耳の下の部分はそんな簡単に取れないと思う。野菜切れそう。取扱注意ですな。

「アネックス(ANEX) なめたネジはずし」を使ってみました。ちょっと工夫してネジが外せました。

アマゾンのレビューなど、合わせて読むようにおすすめします。この商品です: https://www.amazon.co.jp/dp/B08W1RXZB9
EDIT 2022年11月29日: 再び、「アネックス(ANEX) なめたネジはずし」を使ってみました。

自分の場合はなかなかうまく行きませんでした。力を入れて回した結果、最初に+の名残がまだ残っていたところに、なめらかなくぼみができて、いくらやっても刃物が引っかかることはありませんでした。

ところで、この状態でも最終的に刃物が引っかかてネジが外せた!、とアマゾンのコメントにありました。

が、自分は、できてしまったくぼみの横に、同じ道具で、2つのくぼみを掘って、マイナスドライバーでネジを外すことができました。

こんな感じです。中心部にできてしまったくぼみの横に、2つの小さいくぼみを掘って、マイナスドライバーで外せました。

それぞれ5分で、合わせて15分くらいでネジが外せたのかな?大変でしたが、取れた時のほっとする瞬間は良かったです。ネジを記念にとっておきます。

70年代、80年代のCommodoreやSinclairのレトロパソコン(マイコン)を無料で修理します

経験を積む目的で、無料で修理します。
興味がありましたらコメントをください。(コメントをしてもすぐに反映されません。公開を希望しない場合はその旨を記載してください。)

MSXなど日本製のマイコンは修理したことがないですが良かったら挑戦してみます。

※部品の交換が必要な場合、実費になります(コンデンサなど安価な部品以外)
※送料が発生する場合依頼主負担とさせていただきます。(破損のリスクがあるため、手渡しの方がいいなぁと思います。手渡し可能な地域は東京の西側です。神奈川県の東部や埼玉南部でも行けると思います。)

(70年代や80年代のパソコンを譲りたい場合もお気軽にコメントをください!メーカー問わず。場合によっては転売するだけですが。)

海外発行のクレジットカードで Amazon.co.jp で音楽を購入する方法

日本のクレジットカードを入手するのはなかなか困難なので、海外のクレジットカードをずっとそのまま使い続ける方、結構いらっしゃるではないでしょうか?少なくとも私はそうです。国際送金での返済など、不便は多いですね。

今回は、Amazon.co.jp のデジタルミュージックストアにて西野カナ氏の「abracadabra」という曲を購入しようとしたら、「 現在登録されているお支払い情報では、お客様のご購入を処理することができませんでした。日本国内で発行されたクレジットカードをご使用ください。」というエラーメッセージが表示され、購入できませんでした。(ちなみに、普段聞いている音楽は結構違うのですが、この曲のノリとかバックグラウンドのピアノとか、なかなか良かったです。)

でも実は、ギフトカード払いもできるのです。なお、ギフトカードを買うためにわざわざコンビニまで足を運ぶ必要もありません。なぜなら、Amazon のギフトカードは直接 Amazon で購入し、ギフトコードをメールで受け取ることができるからです: Amazonギフトカード(Eメールタイプ)。自分のメールアドレスを入力し、海外のクレジットカードで支払います。

デジタルミュージックストアに戻り再度購入しようとすると!あれ、同じエラーメッセージが表示されています。話を長くしても面白くないですよね。続いて、Amazon の支払い設定で、クレジットカード情報を消してみたら、見事、先程購入したギフトカードでの支払が可能になりました!

(実は、西野カナの「ダーリン」という曲も好きです。)

KDE input problems (KDE applications don’t accept input)

On KDE 5.28.0, which is currently the version of KDE included in Debian Stretch, you may run into the following problem: if you run IBus (to work with an IME like Mozc or Anthy to type Japanese), you might find that you sometimes lose the ability to input text in KDE/Qt applications (like konsole, or the run bar (krunner) when you press Alt+F2). It looks like you can fix this by running:

ibus-daemon -r -x -d

Since you can still type stuff in applications that don’t use Qt, such as Firefox, typing the above command into a text area in Firefox, copying and pasting (right click, paste) that text into krunner, then using your mouse to select “Command line: ibus-daemon -r -x -d”, you should be able to get input to work again. If you do not have any non-Qt applications, you could switch to the console and instead do:

DISPLAY=:0 ibus-daemon -r -x d

However, you may need a second hack to get Japanese input to work again: open xterm (not konsole) and activate your Japanese IME (which should work just fine). This seems to cause Japanese input to work again system-wide.

英語で書いてもあまり役に立たないでしょうから、日本語バージョンも合わせて書きます。

Debian Stretch に入っている KDE 5.28.0 に、(IBus が稼働している環境では)KDE/Qt 系のアプリケーションに、時々、何も入力できなくなる不具合があるようです。IBus のデーモンを再起動すると直るので、以下のコマンドを実行してみてください。

ibus-daemon -r -x -d

キーボードが使えないのに、コマンドを実行するのにはどうすればいいですかというと、Qt を使用しているアプリケーション以外の入力はできるはずなので、例えば Firefox のテキストボックスにコマンドを入力、コピーして、Alt+F2 で開ける実行メニュー (krunner) を開いて、コマンドを右クリックで貼り付けて、マウスで実行するように選択すれば、キーボードをほとんど使わずに実行できます。(ショートカットキーは使えるはずです。)
うまくいかない場合は、コンソールで以下のコマンドを実行すればいけると思います。

DISPLAY=:0 ibus-daemon -r -x -d

ただし、これだけでは日本語入力が直らない(場合があります?)。直らない場合は、xterm (konsole などではなく、xterm)を開いて、一回日本語入力に切り替えて、使えるかどうか試してみてください。(使えるはずです。)
これをやるだけで、他のアプリの日本語入力も直るようです。

CVE (Description) Generator / CVEジェネレーター

https://blog.qiqitori.com/cve_generator/ ← Newest CVE Generator version
https://github.com/qiqitori/cve-generator ← GitHub

I’ve been thinking of creating a small tool that is capable of creating CVE descriptions. The benefit of having such a tool would be:

  • Generating perfect descriptions in other languages without translating manually
  • Predictable (==theoretically, parseable) descriptions
  • High-quality output for people submitting a vulnerability description for the first time

CVE descriptions usually look like this:

Heap-based buffer overflow in the jpc_dec_decodepkt function in jpc_t2dec.c in JasPer 2.0.10 allows remote attackers to have unspecified impact via a crafted image.

This has the following pieces of information:

  • Locality (function and file name) (jpc_t2dec.c, jpc_dec_decodepkt())
  • Software name (JasPer)
  • Software version (2.0.10)
  • Attacker type (remote)
  • Impact (unspecified)
  • Using what? (specially crafted image)

Most CVE descriptions appear to contain no more and no less information than this.

One picture is worth a thousand words, so here’s a screenshot to give you an idea of how this could work:

screenshot_v1

The whole thing works entirely in JavaScript and doesn’t send any data anywhere. The code is currently pretty easy to grok, and probably anything but over-engineered.

To add a language, one would copy one of the existing .js files to create a base. The file name scheme is: cve_generator_VERSION_LANGUAGECODE.js. In these files, you have a large dictionary to translate option values to actual text, which looks like this:

 var tl = {
     "generic_vulnerability": "脆弱性",
     "generic_vulnerabilities": "複数の脆弱性",
     "memory_leak": "メモリリーク",
...

Then you have a couple of functions that are each responsible for creating a small sentence fragment, and one function that adds all these fragments together. These functions differ a bit depending on the grammar of the language in question.

Anyway, this thing probably lacks a lot of features. If you need anything, feel free to leave a comment here or on GitHub, or even send a pull request.

(License: GPLv3, but feel free to copy and paste the base and/or any minor bits for use in entirely unrelated projects (without any restrictions and under any license of your choosing)

 

以下同じ内容を日本語で書きます。

https://blog.qiqitori.com/cve_generator/ ← 最新のバージョン
https://github.com/qiqitori/cve-generator ← GitHub
スクリーンショットは上記の英文に貼ってあります。

CVE の説明文を「生成」してくれるツールみたいなのほしいと思って、何もあまり考えないで早速作ってみました。
ツール化するメリット:

  • 英語版と日本語版を一気に作れる。もちろん、他の言語も(未実現ですが)
  • 微妙な違いはないため、理論上パースもできるはず
  • 初めて CVE 文章を作る人の役に立つ

さて、CVE の説明文は大体みんなこんな感じです:

Heap-based buffer overflow in the jpc_dec_decodepkt function in jpc_t2dec.c in JasPer 2.0.10 allows remote attackers to have unspecified impact via a crafted image.

この文章に含まれている情報は以下の通りです:

  • ソフトウェア名 (JasPer)
  • ソフトウェアバージョン (2.0.10)
  • 攻撃者の種類 (リモート)
  • 影響 (不特定)
  • 入力方法など (巧妙に細工された画像ファイル)

作成したツールのコードは JavaScript で書かれていて、実行環境はブラウザーで、外部ネットワークアクセスは発生しません。まだ、オーバースペックから程遠いコードだと思います。笑

現在は、新しい言語を追加するのには、既存の .js ファイルを丸ごとコピーして要編集のところを編集するというイメージです。ファイル名は適当に cve_generator_VERSION_言語コード.js に決まっています。これらのファイルの中に、以下のようなオブジェクトを使って翻訳を入れます。

var tl = {
    "generic_vulnerability": "脆弱性",
    "generic_vulnerabilities": "複数の脆弱性",
    "memory_leak": "メモリリーク",
...

そのほかに、小さい文断片を返してくれる短い関数と、これらの関数が返す文断片をつないでちゃんとした文章を作る関数があります。言語によってやるべきことが違っていて、関数の構造もみんな微妙に違うので、あまりにも膨大化しすぎたら管理しづらくなりそうですが、まぁそのかわり開発時間は数時間で済みました。笑

とにかく機能はまだあまりありません。何か欲しいロジックなどありましたらご連絡ください~

ライセンスは、一応 GPLv3 ですが、ぜんぜん違うソフトを作るのに役に立ちそうなものがあったら、ぜひ GPLv3 と関係なく、著作権がないと考えて好きなように摘み取ってください。

松江で無料英会話

こんにちは~!
島根県松江市(または松江の近く)に住んでいない方はこの投稿を読んでも、あまり得することはないかと思います。超ローカルな話で、すみません。(´・ω・`)

さて、今年の2月から松江に住んでいて、引っ越してきてもう3ヶ月くらい経っていますが、友だちはまだ一人もできていないから、軽い英会話とかをしてみたいと思っている方を募集しています!

ちなみに私は28歳の男性です。
趣味は、プログラミング、料理作り、ピアノ、サイクリングなどです。
タバコ恐怖症なので、喫煙者は、申し訳ありません。。。
(禁煙の)喫茶店とかでできたら、いいなぁと思います。

日本語は結構できますので、文法がわからない時など、日本語で説明するのも可能だと思います!

無償なので、時間などについては、ご希望に沿えない場合があります。。。

興味のある方はコメントをください!コメントは、私が読んで承認してからでないと公開されませんので、もし公開してほしくない場合、コメントの中にその旨を書いてくださいね~!

一応ジモティーにも載せてみます。。。

どうぞよろしくお願いいたします!^^

Tシャツをデザインしてみました

昔からTシャツが好きですが、最近、自分でデザインしてみてもいいのでは?と思うようになっ(てしまいまし?)た。
第一成果物はこちらです: ハッカーのおそれあり

ハッカーのおそれあり

第二成果物も出しました: マジレス乙

I’ve decided to start creating t-shirts. They’ll mostly be in Japanese though, and it seems like this site doesn’t do international deliveries. :< I wonder if it would be worth it to sell Japanese t-shirts on e.g. American services…